何年ぶりだろう、
ピアノに夢中になっているのは。
告げられたそのとき迄は無音だった、
心の鍵盤が動き出し、
少しずつ音量を上げているのを感じたからだ。
子供のころに習った、
ショパンの子犬のワルツ。
「ピアノと戦わないで、
踊る様に奏でるのよ。」
と何度も叱られたことが、
今、自然に表現出来る。
一面花畑の春の公園で走り廻るその姿と、
私の指が重なって見えるのは、
きっと練習のせいだけではない。

2017 Spring

Peony

暖かい太陽に照らされた色鮮やかなピオニーを、柑橘の爽快感が包み込む春の公園。新しい出会いの喜びを、心地よく表現します。

Top: ベルガモット、ジュニパーベリー、ホワイトぺパー
Middle: ピオニー、リリー、ローズ
Base: ムスク、サンダルウッド
内容量: 8ml

¥ 5,980 税別

数量:

※無料ラッピングをご希望の方は、ご注文時「お問い合わせ欄」にご記入ください。