いにしえの時代より貴族の間では自分の
屋敷の庭に梅の木を植えるのが
ステータスであった。
寒さに耐え、 他に先駆けて美しい花を開き、
芳醇な香りを漂わせる梅。紀貫之はその
香りの変わらない美しさをこう表現した。
『人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の香ににおひける』
(人の心は変わりやすいものだから、あな
たのお気持ちはわからない。けれど昔なじ
みのこの里の、梅の花だけは昔のままの
香りである。 )

うめ

※無料ラッピングをご希望の方は、ご注文時「お問い合わせ欄」にご記入ください。

> 特別な贈り物に。手作りフラワーギフトボックスはこちら。

※フラワーギフトボックスではご購入のオイルの番号を組み合わせます。
例)オリジナルNo.4、オリジナルNo.27をご購入の場合に、4月27日の様にオイルを並べて梱包致します。

PICK UP


PRODUCT